鬼滅の刃の人気をもとに思うこと

こんばんは、MKです。

社会現象にもなっている『鬼滅の刃』、アニメは見ていませんが

漫画は読んでいて、最終回を迎え

クライマックスになるにつれ物語は続くのか続かないのか

いろんな論争でヒートアップしてそれもすごく面白かったです。

 

面白いと聞いてはいたけれど

読み始めたのは去年の後半ぐらいだったと思います。

わたしの読み始めた理由は、単純にゲーム、アニメなどのお仕事の

オファーいただくことが増えてきて

なんでこのタイトルは人気なのか、どこが人気なのか、誰が惹きつけられて

どんなグッツが欲しいと思ったりするのかなど考えるようになったからです。

 

しかしながら、漫画自体は非常に好きなので

キングダム、イノサン、ジョジョ、シマウマなどいくつか買い揃えているものもあります。

なので漫画でなくともゲームのお仕事も今までになかったフィールドで

とてもやりがいがありますし、こんな楽しい世界があったのか!と

今更ながら実感しています。

 

さて、なんでこんなに鬼滅の刃が人気になったのか

わたしなりの考えを少し。

 

ストーリー自体は往年の少年漫画にありがちな、困難に立ちむ舞いながら

最終ボスを倒すための主人公と仲間たちの織り成すストーリーだと思っています。

ですがそこに味付けされるキャラクター達の魅力がありすぎる!

敵味方問わずキャラクターの外見やストーリーに子供だけじゃなくて

大人も子供も男女問わず好きになってしまうところだと思います。

ここまでは人気漫画のセオリー?的な感じなのか、みんなが平均して

感じているところ。

ここからはわたしの独自の見解なんですが、

人気の要素の中に普通に普通のファンだけがファン活動をしている以外の

要素が多いからこんなにも盛り上がりを見せているんだと思います。

それが女子、、、腐女子と言うべきか

近年オタクの垣根、境目も曖昧になっていますが

女子達の力で経済が大きく動いていると強く思います。

 

もちろん、そんな女子達の力がなくても子供達が大好きな漫画ですが、

そこに腐女子たちのパワーが入ることによりコンテンツの人気が底上げされると思います。

とにかくその漫画が好き、キャラクターが好き、

そのキャラクターの派生した物語も見たい、(同人誌的な)そこにファンタジーを

感じ、求めます。

BLの要素がその最たるものだと思っていて、鬼滅の刃にはそんな要素は無いんだけれど

同人作家さんのカテゴリにはすごくBLが多くて女子はそこにファンタジーと

同性のキャラクターに取られてしまうこともない安堵感を感じで

安心して楽しく本編も同人系も読めるんだと思います。

彼女たちはものすごくパワーを持っていて

そして好きなものにすごく忠実で、ちょっと歪んだBLを想像しつつも

ファンの鏡であると思います。

 

そう、BLはファンタジー!

ここ重要で、この要素やニュアンスがないコンテンツも

想像力によって昇華される素晴らしさ。

ご都合主義を赴くままに楽しめる女子の許容範囲の広さ。

男性同士ってこともあってキャラクターとはいえ嫉妬に悩むことも

ない、、、し。

 

2.5次元の舞台や、バーチャルアイドルのライブなど最近は

仕事で見にいく機会も増えているのでそこでのファンの動向や傾向を観察して

彼女たちが欲しいと思うアイテムをデザインし、受け入れてもらったときの感動..!笑

本気のファンたちに認めてもらえるものができるとそれは楽しいですし、

そこにプラス要素を加えて更に魅力のあるモノや体験を発信できる

めちゃくちゃいい仕事!

 

もっとやりたいので是非、お声がけをいただけると!

 

↑コチラの画像は弊社で展開している春画をモチーフにしたブランド

"目覚めの一瞬前" ゲイ、から。

今も昔もカルチャーとしてのゲイもあってとても興味深いです。

 

コチラもチェックお願いします^ ^

renoiseHP

http://renoise.jp

 

Instagram MK

https://www.instagram.com/m_kozuka/

 

six voma

https://www.instagram.com/sixvoma/

 

Under the Skin

https://www.instagram.com/undertheskin.co/

 

目覚めの一瞬前

https://www.instagram.com/mezamenoisshunmae/

https://mezameno.com

 

 

 

 

 


コロナと日常と洋服の仕事

こんにちは、MKです。

いつもどこでも頭の片隅でインスタとはまた違う思ったこと書きたいなと

思っているのですが、やっぱり久しぶりの更新になってしまいました。

 

世界はコロナという見えない脅威に包まれて

早、数ヶ月。

仕事も日常生活も自由にはならず、多くの人はコロナ前の価値観や

仕事のペースに戻って暮らせる希望は切り捨てたと思います。

新しい日常と価値観とともに再出発という感じですね。

 

わたし自身も、イベントベースの仕事はなくなり

会社的にはかなりの打撃を受けていますが、

仕方ないし、なんとか切り抜けるしか無いっていうのが現状です。

仕事に関しては仕事は作るものなので日々、何がいけるか考えて

それをカタチにして実現できるかの繰り返しです。

今年の夏から秋にかけて新しい試みをいくつかできたらいいなと。

 

そして、服の仕事をしていてコロナ時代になってから思うことは

ハイブランド以外のブランド力の問題。

すごく高いモノも求められていないし、中間価格帯のお洋服を欲しい

気持ちになっていないんです。

ユニクロやGUを中心にシンプルで慎ましくファッションっていうものは

脆くもすぐに生活から除外されてしまうものでもありました。

一定数、そうでは無い人ももちろんいますが、多くはそうでした。

確かに、外出できないのにジャケットやハイヒールいらないですもんね。

生活状況に応じて必要になるもの、欲しくなるものなんて変わります。

それに加えて世の中のブランドの力よりも個人の発信力、求心力が

増してきています。

その人たちが発信力、求心力がつくと物販をしたいと思います。

そこで簡単に作って簡単に売れるロゴ入りのTシャツやバッグなどを売り始めたら、

それがとっても売れるんです。

1万円する好きだったブランドのTシャツより

話題のあのYoutuberのTシャツを4500円で!

お店に行こうがネットで買おうが買い物をする楽しさは欲しい、

だけどそんなに高いものは買いたく無い。

あ、この子の動画好きかも〜!ぽちっ

理にかなってると思います。

 

これからは更に、個人の魅力が前に出る世界がやってきますし

そのファンビジネスが大きくなる時代に更になって行くんだと思います。

コロナでより鮮明になった気がします。

 

ただ、服の虫としてはそれだけじゃなって難癖つけてしまうんですが

やっぱり作り込まれた洋服にはいろんな人の技術やセンスが集結されて

作られています。

弊社の商品も、

パターン、生地、プリント、縫製、世界感、ストーリーがあります。

いちいち語るとほんっとに長くなりますが

ありボディにプリントじゃ無い美しさがあります。

グッツじゃなくて、技術やアート、センスをまとって

日々の生活に気持ちの余裕や楽しさができればって思います。

着るもののクウォリティによって気分はすごく変わります。

だから大人の余裕でこういう服の楽しみ方もして欲しいです。

 

どっちの時代かは明白だったとしても

センスのあるモノづくりは残したいし、それが自己満足でビジネススキルに

欠けると言われたりもしますが

ファッションってこんなものな気がします。

テンション。

淘汰されてしまうかもしれない合理的で無いものほど

美しかったりするので、わたしは断捨離したいができない悩ましさと

共存して、何年か後にこの縫製の素晴らしいシャツを見て、着て、友人たちと

あーでも無いこーでも無いとファッションを話すんだろうなと思います。

 

↑ヴィンテージのキューバシャツからデザインを元に作った。

これは縫製もパターンも最高に凝っていて

自己満だと言われましたが、まあ自己満ではあります。

Under the Skin のシャツ。

 

↑このプリーツ具合!

これは1本ずつ手で入れていてフロントとバックに入っているんですが

美しい凹凸。

ぜひ手に取っていただきたい逸品。

職人が1日かかっても作れないぐらいの細さのプリーツ。

レオパード柄と無地で展開しています。

 

コチラもチェックお願いします^ ^

renoise HP

http://renoise.jp

 

Instagram MK

https://www.instagram.com/m_kozuka/

 

six voma

https://www.instagram.com/sixvoma/

 

Under the Skin

https://www.instagram.com/undertheskin.co/

 

目覚めの一瞬前 HP

https://mezameno.com

 

 

 

 

 

 


フィービー セリーヌロス

こんにちは、MKです。

 

そろそろ9月も後半に差し掛かってきて少し暑さも和らいできましたね。

この秋冬どんなものを着たい気分で、何を既に買って、これから買う予定の

物などの談義が楽しい時期です。

 

わたし自身、この秋は絶対six vomaのニットセットアップは

購入しようと思っています。

なぜならクウォリティや素材の良さもさることながら

デイリーに着れながらも上質感を失わないシルエットでもあるからです。

このアイテムはコストの関係上、ほとんど卸が出来ず一部のセレクトさまと

renoise.jpのみでのお取り扱いなので是非チェックして頂ければと思います。

発売は10月半ば頃です^ ^

 

そして、話が逸れてしまいましたが表題の『セリーヌロス』

デザイナーがエディに変わりもうすぐ1年。

やっぱりまだテンションがエディにならなくて

バッグやローファーなどレザーグッツをいくつか買ったのみです。

いつもシーズンごとに気分のバッグや靴は買っていたのですが

なんとなくまだ気分が前任のデザイナーのフィービーのままなんです。

だからまだ秋冬のバッグなど決めきれていないんです。

1年近く経つのにまだこんなにセリーヌよかったって思わせる

デザイナーって本当にすごいと思います。

30代以上の女性の気分を見事に表現していたんだろうなと。

 

今だにあれ買っておけばよかったーって思うアイテムもいくつかあって

セリーヌ好きだった人たちはいまどんな気分なんだろうと。

ステラやジルサンダー、ボッテガに移っているのかな。

去年の冬はセリーヌロスにはならなかったのに、

今頃になってめっちゃきてます。

時間が経つにつれて無いことを実感しているのかもです。

そして、最近ヴィンテージ熱が再発中です。

そのことも今度書けたらと思います。

久しぶりにe-bay見なきゃかも!

 

↑six voma ニットセットアップ

ウールとカシミヤで肌触りもスムースです。

 

↑去年のセリーヌより

このクラスプのビッグサイズ、やっぱりこれ欲しい 笑

中身あんまり入れないで使いたい。

幸いミニクラスプは買っていましたが今だに現役で

やっぱり使えるなーって思っています。

 

コチラもチェックお願いします^ ^

renoise HP

https://renoise.jp

 

Instagram MK

https://www.instagram.com/m_kozuka/

 

six voma

https://www.instagram.com/sixvoma/

 

Under the Skin

https://www.instagram.com/undertheskin.co/

 


瑞希の着るsix voma / Under the Skin

こんにちは、MKです。

 

今日はAKB48 TeamSH みずきが着こなす

six voma / Under the Skinを紹介したいと思います。

 

みずきのわたしの印象は頑張り屋で聡明

若い時から色んな良いものや環境に触れていて

実年齢の女の子よりも少し大人びた感じがします。

だけど、すごくナチュラルでフラットな性格。

撮影の時や普段の生活でもすごく気配りのできる女の子。

 

そんな彼女が着るsix vomaはすごく彼女に馴染んで

可愛いくてカジュアルラグジュアリーな女性の雰囲気をよく表現しています。

エアリーなワンピをふわりと着こなし、思わずデートしたいって

男性メンバーは思うことでしょう。

 

逆にUnder the Skinはメンズで、最初はみずきがメンズを

どんな雰囲気で表現してくれるかなと思ったんですが、

カメラに映った途端、とても強く美しい彼女が。

 

UTS(Under the Skin)はメンズのブランドとして立ち上げたんですが

女性にも着ていただくことが多く、

わたしの中でファッションに対する考え方が変わってきた一端でもあります。

世の中が性別や年齢を飛び越えて好きなものを好きなように(自分らしく)

なってきているなと思います。

ユニセックスやジェンダーレスとはまた少し違う感覚なんですが

より余計な物が淘汰されてくるんじゃないかなと考えています。

 

↑UTSのマーブリングアートシャツとパンツを着るみずき

彼女の強さと可愛さがよく出ていて気に入っています。

 

ただ、ドレスやスカートが無くなる訳ではないですし、

それはそれで女性をめいいっぱい楽しんで服を着て欲しいと思います。

six vomaはそんな女性のスタイルやちょっとした体型のきになる部分や

着心地を追求した女性のためのデザインをしたいなと思っています。

意外とこれが難しいんですよ、デイリーにも着やすくて

ちょっとしたお出かけにも着れるけど、カジュアルにもコーデできて

きになる体型もカバー 笑

自分もそんな服があったらほんとに毎日着たいし

たまにそんな洋服に出会った時のヘビロテ具合は相当です。

 

↑こちらはsix vomaのスコーピオンローズプリントのワンピ

歩くたびに揺れるティアードが美しいです

 

↑こちらはフリルになっていないティアードワンピ。

鮮やかなオレンジが印象的

 

コチラもチェックお願いします ^ ^

renoise HP

https://renoise.jp

 

Instagram MK

https://www.instagram.com/m_kozuka/

 

six voma

https://www.instagram.com/sixvoma/

 

Under the Skin

https://www.instagram.com/undertheskin.co/

 

 

 

 


魏新 Happy birthday

こんばんは、MKです。

 

9月5日はAKB48 TeamSH 魏新のお誕生日でした。

おめでとうウェイ!

お祝いしようって青山さんと話していたので来週に向けて ^ ^

 

今日はこの前撮影したsix vomaとUnder the Skinの

写真をいろいろアップしてみようと思います。

彼女はとてもフォトジェニックで服の着こなしも無意識で

着こなせて自分のフィールドに引き込めるタイプなので

いろんな服を着せて写真撮りたくなります。

一見クールなのにファニーな表情だったり

アンバランスなコーデをクールに着たり。

是非、皆さんにも彼女を見ていただきたいです。

 

もちろんsix vomaとUnder the Skinの服たちもステキなので

そっちも見て着てもらえると嬉しいです~

 

↑six voma  ストラップティアードワンピに

スコーピオン刺しゅうTシャツ、ハンターブーツのレッド

このバランス可愛いです

 

↑six voma プリンセススリーブブラウス、コーデュロイジャケット

スリムリブフレアーパンツでクールに。

 

↑Under the Skin タイダイスコーピオンフーディ

six voma スコーピオンローズパンツのコンビネーション。

柄×柄のコーデもしっくり着れるのが彼女の魅力

 

コチラもチェックお願いします ^ ^

renoise HP

https://renoise.jp

 

Instagram MK

https://www.instagram.com/m_kozuka/

 

six voma

https://www.instagram.com/sixvoma/

 

Under the Skin

https://www.instagram.com/undertheskin.co/

 


Under the Skin Marbling Art

こんにちは、MKです。

 

今日はわたしがディレクションデザインをしているメンズブランド

Under the Skin(アンダーザスキン)のことについて少し。

 

このブランドは元々わたしが手がける話ではなかったんですが

ブランドが始まるよーって言うときに

やると言っていた人が逃亡しわたしがそのままブランドを継続しています。

 

逃亡、失踪ってアパレルあるあるで

そーゆう人すごく多いです 笑

いい歳した人だけど、人って年齢じゃないですって言葉を体現している

クズの称号を与えたいひとの一人だと思っています。

 

そして、コンセプトやイメージはわたしなりにアレンジをし今に至っています。

メンズとレディースの服のデザインの構築の仕方はわたしは大きく違っていると

考えていて、

メンズは普遍的ではあるが機能性や細部へのこだわりや強い世界観。

レディースは自分主体で歴史やカルチャーよりも着心地やスタイルを重視。

世界観は纏うひと 自分自身。

と言う感じで考えています。

 

UTSはわたしの中でメンズだけれど誰が着ても良いと思っていて、

ベーシックなデザインの中に理想の世界を詰め込んでします。

それは歴史だったりカルチャー、そして世界の国々へ行ったときの

インスピレーション。

 

今回デザインしたマーブリングアートシリーズ

乾いたメキシコの空気感とサンドブルーの雰囲気がする海をイメージ。

このファブリックでサーフボードも作りたいんだけどなーって

密かに思っています。

メキシコのマテオとブリタニーにお願いしたいけど

クリエーションを認めてもらえるか 笑

 

 

新日本プロレスの棚橋弘至さんにもご着用いただき

嬉しい限りです!

https://www.instagram.com/p/B1oIq2Ugbcp/

 

次回はUTSつながりでUTSを着るみずきとウェイを

アップしたいなぁ。

 

コチラもチェックお願いします^ ^

renoise HP

https://renoise.jp

 

Instagram MK

https://www.instagram.com/m_kozuka/

 

six voma

https://www.instagram.com/sixvoma/

 

Under the Skin

https://www.instagram.com/undertheskin.co/

 

 

 

 

 

 

 

 


JOURNAL STANDARD relume × six voma WETSUIT MATERIAL COLLECTION

こんにちは、MKです。

 

今日は先日お仕事させていただいた

JOURNAL STANDARD relume × six voma

WETSUIT MATERIAL COLLECTIONの

コラボレーションについてのお話をしようと思います。

 

まず始めに、このような形でコラボレーションができて

とても楽しかったですし

そこで生まれる新たな出会いや人間関係に感謝しています。

 

以前からsix vomaでパーソナルウエットスーツを日本国内で

作っていました。

ウエットスーツはサーフィンでもダイビングでも同じことなんですが

自分の体にフィットしていないと機能性も落ちるので

弊社ではいただいたボディサイズを元にウエットを作っています。

 

ウエットスーツ製作時に出るハギレを再利用(reuse)出来ないものかと

relume MDの鈴木氏(もちろんサーファー)と話をしていました。

そこで、その素材を使ったクラッチやポーチをデザインしてみようと

いうことになり今回の企画スタートです。

 

ウエット素材の他にもネオプレーン素材でトートバッグ、ショッピングバッグ、

ボトルケース、ボトルカバーとトータル7型作りました。

やはり一番大変だったのがウエットリユースのクラッチとポーチでした。

 

工程としては

使える素材を集める→パターンカット→ウエットボンドで貼り合わせ→

ロゴ貼り付け→ジグザグミシンでステッチ→ホットメルトでファスナー付け→

両脇と底の縫製

というような感じです。

 

茅ヶ崎でお世話になっているウエットファクトリーのクリークで

わたしと弊社の端とで作り上げました。

ウエット素材の扱いや、プレス機、ミシンなどかなり集中して

作業したのでかなり腕をあげたのでは 笑

 

クリークの社長の小川さんにもご協力していただき

物作りの大変さやクウォリティを勉強させていただきました。

 

そして、今回こういうコラボレーションをする中で

いろんな意見もあり

工場で作業するなんてダサいし稼げないし効率悪いし

イケてないとも言われました。

そうでしょうか?

もちろん意見の中のひとつなので、そういう考え方もあると思います。

しかし技術のある職人がいてこその製造業ですし

みんな自分のやっている仕事にプライド持っていますので

大きな価値観の違いではあります。

 

いま、アパレル業界はあまり売れていないのが実情です。

これから先、とんでもなく消費型のビジネスにはならないと思います。

よりパーソナルに、良いものを必要なだけというような考え方に

世の中も個人レベルでもシフトしてゆきます。

そんな中で、良いものを造り上げることに真っ直ぐな

国内の工場はこれからも続くし光があると思っています。

 

と、こんなマイナス意見も書いていますが

JOURNAL STANDARD relume × six voma

WETSUIT MATERIAL COLLECTION

ZOZOでも売っているのでチェックお願いします ^ ^

 

ZOZO

https://zozo.jp/search/?p_keyv=six+voma

 

↑全部で7型作りました

 

↑イラストレーターのミー石井さんにもイラストを書いていただき

夏らしくアイキャッチな仕上がりになりました。

 

↑リユースウエットスーツ素材を使ったクラッチバッグとポーチ

ウエットスーツの作り方と同じで作っています。

これはほんっと持った感じも滑らかで、汚れても洗えるし

おすすめです!

 

↑ファクトリーの一部

↑カッティングした生地をウエットボンドで貼り合わせています

 

↑ステッチミシン

 

↓こちらもよろしくお願いします ^ ^

renoise HP

https://renoise.jp

 

Instagram

MK

https://www.instagram.com/m_kozuka/

 

six voma

https://www.instagram.com/sixvoma/

 

Under the Skin

https://www.instagram.com/undertheskin.co/

 

 

 


AKB48 Team SH

こんにちはMKです。

 

今年に入ってからやらせていただいたお仕事のお話。

3ヶ月間やさせて頂いたのでこのお話、

何回かに分けて書けたらいいなと思っています。

実際、なかなかインスタやツイッターアップできなくて

SNS音痴だなーと切に思いました。

伝えたいことは沢山あるのにー

 

さて、AKB48はいくつものチームがあるということを

ご存知の方も多いと思います。

その中の上海に拠点をおいて活動しているTeam SHのお話です。

JUNKO KOSHINO社からのお話で

SHのメンバーが2人日本に3ヶ月間住み、

本気で洋服のデザインを勉強し、一定以上のレベルで試験をクリアできたら

デザイナーデビューができるという企画です。

 

3ヶ月間40回放送でカメラを回し、

彼女たちの勉強風景や日本での生活をドキュメンタリーとして

撮影しました。

今年、2019.3~5末の3ヶ月間。

わたしはそこで彼女たちのデザインの先生として

登場させていただきました。

 

AKB48 Team SH 

AKB少女90天的挑战 IdolPlusProject

https://www.facebook.com/AKB48TeamSH/

 

今回のデザイナー修行はヤラセでもなく

メンバーも教えるわたしたちも本気で取り組んだので

結果的には予想を超える結果と反響をいただき、

その中で第三者に何かを伝えることの大変さや

人間関係、ファッションのことなど感じたこともとても多かったです。

 

まあ、後悔することがあるとすれば

もっとちゃんと化粧してテレビ写り気にしておけばよかったなー

これは本当に後悔!笑

メイクは濃くて損はない...!

 

 

↑右がウェイで左がみずき

 

 

↑こんな感じで七里ガ浜の事務所かJK社にて日々

デザイン画やハンガーイラストを描いていました。

 

↑みずきのデザイン

 

↑ウェイのデザイン

 

ふたりのセンスはかなりの対極にありました。

可愛いものや自分が着たいっていうのが明確なみずき、

インスピレーションから独自のデザインを考えるウェイ。

ふたりを見ていると初心に戻って、デザインとは というところを

考えれたので わたし自身勉強になりました。

 

↑おまけ

 

Instagram

renoise MK

https://www.instagram.com/m_kozuka/?hl=ja

 

six voma

https://www.instagram.com/sixvoma/

 

Under the Skin

https://www.instagram.com/undertheskin.co/?hl=ja

 


Under the Skin 『Heavy Canvas Shoulder Tote Bag 』

こんにちは、MKです。

フジロック参戦できませんでしたが、今年は行かなかった人たちは

お家でフジロッカーも多いですね!

一昔前と比べてフェスのあり方も大分様変わりして

少し寂しくもありますが、フェスティバルって感じでファミリーで楽しめる

イベントに移行していくのもそれはそれで良いのかなとも思います。

 

ロックとはなんでしょう。

 

さて、

Under the Skin

ヘヴィキャンバスショルダートートバッグ作りました。

 

 

6号キャンバス生地を使用し、ステンシルプリントを施し縫製後

洗いをかけたこだわりのバッグです。

 

 

わたしの場合 仕事柄、普段から荷物も多いので容量たっぷりの

デイリーに使えるトートはいつも探していました。

ハンドル部分が肩にかけれるタイプのトートも多いんですが

見た目のバランス的にはハンドルが小さい方がかっこいいと思っています。

ただ、荷物が重いと腕の負担がハンパなくて、、、笑

なので今回デザインしたトートには内側に簡易ショルダーストラップを

つけていて、肩からかけて使うこともできるようにしています。

 

 

 

ざっくりいろんなものが入ってガサツに使えるけど

安っぽくならないクウォリティのデザインに出来上がっています。

 

ぜひ使っていただきたいアイテムのひとつです。

 

 

もうすぐHPリニューアルするんですがドメインの切り替えがまだなので

現行のストアかZOZOでアイテム見ていただけます。

 

Under the Skin

https://zozo.jp/search/?p_keyv=Under+the+Skin

 

Instagram

MK

https://www.instagram.com/m_kozuka/?hl=ja

 

six voma

https://www.instagram.com/sixvoma/

 

Under the Skin

https://www.instagram.com/undertheskin.co/?hl=ja

 

 


HPリニューアル、もうすぐ

こんにちは、MKです。

 

HPのリニューアルに向けての準備を開始しています。

このブログも整理したら全部削除してしまって、

こっちもリニューアルです 笑

 

新しいHPはrenoiseで運営しているブランド、

six voma / Under the Skin / 目覚めの一瞬前 の情報やストアサイトです。

今まで商品のことに関して伝えきれないことも多々あり

それらを一括してお伝えできるページにしたいなと思っています。

 

引き続き、ZOZOでの販売もしておりますので

そちらと併用して見ていただけたらありがたいなと思っています。

ZOZOではただいま一部商品のセールを行なっておりますので

ぜひ、ご覧くださいませ。

 

six voma

https://zozo.jp/search/?p_keyv=six+voma

 

Under the Skin

https://zozo.jp/search/?p_keyv=Under+the+Skin

 

 

 

 

Instagram

MK

https://www.instagram.com/m_kozuka/?hl=ja

 

six voma

https://www.instagram.com/sixvoma/

 

Under the Skin

https://www.instagram.com/undertheskin.co/?hl=ja


1

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM